共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊娠出産で胃下垂が治る事も?逆に胃下垂に始めてなる事もある!


女性の人で胃下垂の人は妊娠して赤ちゃんがお腹にできると胃下垂が治る経験をされた人もいると思います。私もその1人で
胃下垂がある程度は収まりました。妊娠期間中の限定と言う事になりますが・・・。

 

 

 

そして出産して子供をお腹から外に出すと、また胃下垂の生活が始まるんですね。
この時に以前よりも胃下垂がひどくなる人がいるし、胃下垂が良くなって目立たなくなる人もいます。
胃の位置が妊娠して赤ちゃんができると上に移動する事で妊娠すると胃下垂のお腹は解消されます。
そして妊娠が終わり出産後もその状態の位置で収まるケースがありますし、元に戻ってしまう事もあります。
この場合はケースバイケースでその人によるのでキープする方法などは現在のところありません。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

妊娠をきっかけに胃下垂が治ってしまった場合はかなり得ですね!
胃下垂対策」をしなくても治るんですから。
私も実はこの妊娠で胃下垂が治ることを願いましたが、結果赤ちゃんが外にでてからまた胃下垂になりました。

 

 

 

出産後に胃下垂に始めてなった人は骨盤に原因がある


胃下垂には様々な原因がありますが、その中の1つに「骨盤底筋」と言う骨盤下の筋力の低下が原因で胃下垂になる事があります。
この場合の大きな原因は、「妊娠・出産による骨盤の歪み」です。

 

骨盤の歪みが原因の胃下垂は当サイトでは「胃下垂の原因@」として原因の詳細や改善方法を説明しています。
骨盤の歪みが原因の胃下垂の改善方法の詳細は「骨盤の歪みや開きが原因の胃下垂の改善法」で詳しく説明していますので参考にしてください。

 

 

 

妊娠・出産をする事で骨盤下の骨盤底筋が弱まる事があります。この骨盤底筋が弱まる事で「骨盤に歪み・開き」が生じます。
この骨盤の歪みや開きが原因により、骨盤で内臓を支えていたのが、支えきる事が出来なくなり内臓がそのまま下に下がります。
特に食べ物を食べて重くなるという内臓でも重さに比例して移動変化がある胃が下がります。

 

 

これが「骨盤の歪みや開きに原因がある胃下垂」になります。

 

 

 

この場合は、骨盤の歪みや開きが原因になるので胃下垂を治す方法としては「骨盤矯正」にのみ効果があります。
良く胃下垂治すと言われる腹筋などは全く効果がなくムダな対策になります。
効率的に胃下垂対策をする場合は「骨盤矯正」に焦点を当ててピンポイントで対策していきましょう。
骨盤矯正を楽にしてくれる商品については「ランキング1位の骨盤矯正グッズ」を参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チェック胃下垂を治す方法&原因別の対処方法
トップ/胃下垂を治す方法(総合)
骨盤が原因の胃下垂を治す方法
腹筋系の筋力低下が原因の胃下垂を治す方法
悪い姿勢が原因の胃下垂を治す方法


スポンサードサーチ


TOPへ